ITパスポートの内容は現在のパソコンやネットワークを利用している人であれば、非常に一般的な事となっています。

そのため多くの人はその基本的な知識を持っていることが多いのですが、実際に試験で合格をするとなるとその理解度が十分ではないことが少なくありません。

勉強方法はその点を十分に意識し、これに対する対策を十分に行うことが重要であると感じています。

私の場合も日常生活の中でパソコンやネットワークを利用しており、家の中でも無線ルーターを使用していることから、なんとなくインターネットの情報などを調べてその設定などを行っていることから、基本的な知識は持っていると考えていました。

そのためITパスポートの試験も簡単に合格できるだろうと思っており、まずは練習問題で力試しを行いましたが、実際にその結果は惨憺たるものでした。

その理由は理解できているようでいて様々な仕組みが十分に理解できておらず、また出てくる用語などが十分に理解できていなかったため、問題の内容を取り違えたりといったことが多かったためです。

そのため、まずは自分自身の知識を十分に確認することが重要であると考え、そのために参考書を利用して基本的な内容を復習するところから始めました。


実際に参考書で記載されている表現を自分自身の知識と置き換える事は決して簡単なことではなく、中にはこれまで概要としては知っていたけれどその具体的な内容をよく知らないと言うものも数多く存在していました。

そのためこれを習得することに十分に時間を費やし、その結果練習問題はほとんど正解をすることができるようになったのです。


ITパスポートの勉強方法のポイントは、まず確実に自分自身の理解を試験に合格するためのモードに切り替えることが大切になります。

ほとんどの人はITパスポートで提示される基本的な技術の内容は習得しており、その基本的な知識を持っているものと考えられますが、実際に試験問題に回答するとなるとその表現方法に戸惑ってしまうことが少なくありません。

私の場合もはじめはそのような状況であったため、練習問題の結果が芳しくなかったのですが、この点に集中して学習をすることで自分自身の知識をより深めることができ、また練習問題でも良い点数を取ることができるようになりました。


ITパスポートは対外的な資格であるため、自分自身が様々なネットワークを構築したり、もしくはパソコンの設定をすることができると言うものではありません。

第三者にこれらの仕組みをわかりやすく説明することができる能力を持っていることを証明する資格であることから、わかりやすい知識を表現を交えて説明することができるようにすることが重要です。

自分自身で独学でパソコンやネットワークなどを覚えた人の場合は、その独学であるために自分にしかわからない表現方法や解釈の方法が存在しているのが一般的です。

しかしこの内容を第三者に説明しようとしても、なかなか理解をしてもらえないばかりでなく、逆にその認識を混乱させてしまうことになるため注意をしなければなりません。


ITパスポートの勉強は自分自身の知識をよりわかりやすく復習する意味で非常に重要なものとなっており、さらに自分自身が曖昧に覚えているところを明確にする意味でも良い機会となりました。

そのため、はじめはそれほど時間がかからないと思っていたのですが、実際には多くの場所で言われる100時間を超える学習時間を費やすこととなってしまい、試験の前日等は非常に多くの勉強をしたことを覚えています。

なかなか効率の良い勉強方法を見つける事は難しいのですが、まずは総合的な復習をするのだと意識を持って勉強することが良い方法です。

スタディングのITパスポート試験講座であれば、スマホを利用したスキマ時間での勉強ができますので、育児や仕事で忙しいパパやママにぴったりです!簡単な登録で無料でお試しできますので、気になった方は以下のバナーからご覧ください
オンライン資格講座 スタディング






               

By パパママキャリア編集局

外部の匿名ライターの方の記事や、当社運営他サイトからの移転記事を掲載しております Twitter Instagram