子育てをしている人の中には、いずれ働くことを考えて資格を取得しておきたいと考える人も少なくありません。

就職に役立てられる資格はたくさんありますが、せっかくであれば子育てに活かせる資格を選ぶことがおすすめです。

知識やスキルを身につけることができれば関連する仕事に就ける可能性がありますし、自分の子供に対しても習得した能力を活かしながら接することができるようになります。

どのようなものがあるのか確認しておき、自分に合ったものが選べるようにしておくと良いでしょう。

Instagramでもこの記事を紹介していますので、あわせてご覧ください

食育インストラクター

まずおすすめなのは食育インストラクターです。

食事の指導者になるために学ぶことになりますが、食の大切さと正しい食生活を指導することが目的の資格だと言えます。

これを学んでおけば自分でも子供のためにバランスの良い食事が考えられるようになりますし、成長した子供に食についてスムーズに指導しやすくなるでしょう。

食育で躓いてしまう家庭は非常に多いですが、食育アドバイザーを取得しておけば子育てにも活かすことができます。

育児セラピスト

育児セラピストもおすすめです。

子供の発達と育児に関して学ぶことができ、既に保育士や看護師の資格を持っている人にも最適だと言えます。

子育て中の悩みが解消できるような知識を身につけることができるため、自分自身が子育てで躓いたときにも解決法を見つけやすくなりますし、子供に関わる仕事に就く場合にも役立てることが可能です。

1級やシニアマスターを目指すのであれば、子育て支援に関する仕事に携わるために役立てられます。

リトミック講師

音楽が好きな方はリトミック講師になることを検討してみると良いでしょう。

リトミック講師は、子供の音楽能力を伸ばしたり基礎能力発達を促進したりする役割を果たす人です。

音楽初心者には難しいものですが、経験者であれば既にある知識とスキルを活かしてリトミック講師を目指すことができます。

自分の子供の集中力や表現力を高めるために学んだことを活かせますし、音楽教室や幼児教室で働くことも夢ではありません。

取得後に教室を開く人もいるほどなので、子育てと仕事の両方に役立つものだと言えます。

子育て支援員

子育て支援員もおすすめです。

保育士のサポートや学童保育で働くための資格であり、パートやアルバイトの形態で働くことができます。

近頃は保育人材不足が続いているため、取得していれば働き先がすぐに見つかる可能性が高いです。

嬉しいことに、各自治体で無料研修コースを受講するだけで取得できるため、費用を抑えて取得したいと考えている場合にもおすすめだと言えます。

保育に関する知識とスキルが身につくので、自分の子供に対しても学んだ内容を発揮しながら接することができるでしょう。

FP技能士

FP技能士もおすすめだと言えます。

子育てを行う上ではお金のことも考えなければなりません。

FP技能士になるためにはお金や保険などのことを深く勉強することになるため、子供のためにどのように資産を形成していくか考えられるようになります。

子育てとは関係のないものだと思われがちですが、大学まで進学するとなると莫大な費用が必要となるはずです。

子供が安心して学業に打ち込めるようにお金について考えておくことができるので、これも子育てに活かせると言えるでしょう。

まとめ

子育てに活かせるものはたくさんあります。

幼児や小学生程度の子供と接する上で役立つものもあれば、ある程度大きくなってからも役立たせることができるものもあります。

私生活に活かせる上に就職の際に活用することもできるので、一石二鳥だと言えます。内容や難易度などを考慮しながら自分が目指しやすいものを探し、取得に向けて勉強を開始することがおすすめです。






               

By パパママキャリア編集局

外部の匿名ライターの方の記事や、当社運営他サイトからの移転記事を掲載しております Twitter Instagram