幼い子供を抱えていて現在は育休中や、家庭の事情などによって専業主婦である女性も多いことでしょう。

中には子供が保育園や幼稚園、小学校に入るのをきっかけに復職したいと考える女性も多いかもしれません。

現在育休中であり職場に籍が残っているのであれば、子育て中にスキルアップを目指したり、専業主婦なのであれば、資格を取得して復職に向けて強みを持ちたいと言う人もいるはずです。

今回は、子育て中の今だからこそ取得しておきたいおすすめの資格をご紹介いたします。

Instagramでもこの記事が紹介されていますので、合わせてご覧ください

就職に向けたスキルアップ


子供を持つ女性にとって、生活をする上で非常に頭を悩ませる問題の一つが復職です。

正社員やパートなど、どのような働き方を選ぶかにより収入も大きく異なるため、ライフプランをよく考えた上で、就職に向けたスキルアップを目指す事は自然な流れともいえます。

多くの人が育児や家事と両立しながら、限られた時間の中でどうにかして学習時間を捻出しているはずです。

子育て支援員


どのような資格の取得が目指せるのかと言うと、まず第一に子育て支援員が挙げられます。

子育て支援員とはどのような仕事なのかと言うと、保育の補助などの保育士のサポート、また小学校の学童保育等で働くことができます。

2015年に初めて認められたもので、それは保育人材不足解消が目的です。パートやアルバイトなどの働き方が一般的となっていますが、空き時間を上手に活用しやすいのが1つの特徴と言えるでしょう。

様々な自治体で研修コースを受講することで、子育て支援員として認められます。研修が無料で受講できる点も、資格を取りやすいポイントと言えるでしょう。

保育士

そして二つ目に上げられるものが保育士です。実は学校に通わずに独学で取得することもできます。

しかし国家資格であるためそれほど簡単ではないでしょう。時間をかけてコツコツと勉強しなければなりません。

受験生の年齢は非常に幅広く、40代以上の合格者も珍しくはありません。

人手不足であるため、取得できれば働き口には困らなくなるでしょう。

一流講師が指導する保育士通信講座はフォーサイト!
一流講師が指導する保育士通信講座

子育てアドバイザー

そして子育て専門の相談員である子育てアドバイザーも、一つのおすすめです。

妊娠期や子供の思春期に至るまで、数多くの悩みが発生するものですが、知識を生かしてサポートをするのです。

アドバイザー活動を行ったり、講習会を開催するなどのように。

独立した働き方も可能となっています。しっかりと時間を確保できる女性に特におすすめと言えるでしょう。

日商簿記検定

そして再就職やキャリアアップに役立つものを取得したいと言うのであれば、まず第一に簿記検定が挙げられます。企業における取引を帳簿に記録する方法ですが、お金の流れを一定のルールに従い記録したり計算、集計する技術を図ります。

比較的合格しやすいのが3級ですが、再就職のためにチャレンジするのであれば2級以上を目指したいところです。特に1級ともなるとかなり難易度が高くなり、税理士の受験資格も得られるほどになります。

スタディング簿記講座
簿記

介護福祉士

そして介護福祉士を目指してみるのもおすすめです。

近年では高齢化社会が問題となっているため、重要な存在にもなっています。高齢者以外にも、障害のある人の介護もできるため、就職先にも困りません。

社会貢献にもつながり、やりがいを感じられる仕事として長く働くことができます。


まとめ

その他にも数多くの種類のものがありますが、育児に役立つものや育児経験を生かせるものも目立ちます。中には数日間で取得できるものもあります。育児中はやはり忙しいため、このようなものを選べばチャレンジもしやすいことでしょう。

コツコツと頑張れば国家資格のような難関試験も夢ではないので、まずは自分が気になるものの養成講座等を受講してみると良いでしょう。

スタディングであれば、中小企業診断士、司法書士、税理士、社会保険労務士、ITパスポート、基本情報技術者、FP、ビジネス実務法務検定、日商簿記、登録販売者など全30講座スマホを利用したスキマ時間での勉強ができますので、育児や仕事で忙しいパパやママにぴったりです!簡単な登録で無料でお試しできますので、気になった方は以下のバナーからご覧ください

学び






               

By パパママキャリア編集局

外部の匿名ライターの方の記事や、当社運営他サイトからの移転記事を掲載しております Twitter Instagram