中小企業が抱える経営課題に対応するための診断およびアドバイスを行う専門家のことを中小企業診断士といいます。

この資格は国家資格で経済産業大臣が登録しているもの、登録制度の中は中小企業の事業者が適切な経営の診断と経営に関する助言を受ける際に経営の診断および経営に関する助言を行う人材の選定を容易なものにする目的で経済大臣が一定レベル以上の能力を持つ者を登録する、このような目的の中で創設された制度といいます。

資格を持っていることで転職にも有利ですし、経営コンサルタントを目指す場合にも有益な国家資格といえます。

経営コンサルタントを志向されている方は注目したいですね!

MBAとの違い

長年会社に勤めていると、経営状況が悪化しそうになりながらも持ち直しているけれども専門家からの指導やアドバイスを受けられるのであれば経営状態を維持できるのではないか、このように考えることもありました。

この国家資格を取得すると販売や会計、財務やマーケティング、そして生産管理など幅広い業種の中で役立つといわれていますし、その道のプロなどからも即戦力者の形で雇用して貰えるなどの魅力もあります。

中小企業診断士の資格を考えたときにはMBA取得も考えたこともありました。

MBAとは、経営学修士のことで、ビジネススクールを終了すると授与される学位です。

経営全体的な知識を取得したなどの証明にもなります。

これも魅力的に感じたことがありましたが、社会人で働いている自分にとって日々ビジネスクールに通学することは仕事を抱えている上では困難ですし、中小企業診断士の場合はMBAとは異なり日本の中では唯一の経営コンサルタントの国家資格などからもこちらの資格を目指すことに決めました。

勉強方法の違い

MBA取得と勉強方法はそれほど変わらないといわれています。

MBAでは大企業の経営全般について学習することが多いけれども、中小企業診断士の場合は中小企業の経営全般に特化した内容になっています。

自分が目指すのはあくまでも中小企業を対象にしていたため、中小企業の経済学や人事管理をはじめ、マーケティングや財務・会計などに関する内容を中心にした勉強方法を選択しました。

ちなみに、MBAは通学形式が一般的ですから学校に通いながら知識の向上を行えば良いですが、中小企業診断士の場合は大半の場合が独学であることなどからも最初はどのような勉強方法で学習すべきなのか悩むこともありました。

ただ、社会人の自分にとって自分が勉強できる時間帯を選択することができますし、会社勤めをしているけれども残業はあまり多い会社ではなかったので、自宅に帰ってからの学習時間を多く取れたことは自分向きなのかもしれない、このように考えたことも少なくありませんでした。

予備校を利用する方法もあるのですが、予備校を使うとなると時間的な制約が出て来ますし、何よりも費用が40万円近くになるとか経済的にも40万円近いお金を出せませんでしたのでテキストや参考書などを購入して学習しました。

MBAと中小企業診断士のどちらを選択するか、あるいは両方取得するかはご自身の状況や今後のありたい姿を踏まえてしっかり検討したいですね!

➡️スマホで学べるスタディング
中小企業診断士

出題される可能性が高いと考えられる部分に絞り込む

試験に合格するためには1次試験が7科目で2次試験が4科目、合計11科目で合格点を取ることが前提条件です。

各科目の出題範囲が非常に広いのでこれを完璧にマスターしようとすると時間が追い付かなくなります。

社会人の自分にとっては勉強時間が限定されているのでマイナーな論点まで抑えることは無理です。

特に独学で勉強することにしていたので、出題範囲を正確に判断することはできませんし、無関係なものを勉強すれば不合格などのリスクもあるわけです。

基本的には、全体的に6割以上の点数を取れば合格できる国家資格ですから出題される可能性が高いと考えられる部分に絞り込む、このような勉強方法で学習しました。

何回も出題される論点を見極める

この出題される可能性が高い部分とは、過去問題で出題回数が多い問題および分野で、何度も出題されているものはこの資格の試験の中では特別重要なものと考えることもできます。

過去問題を多く掲載しているテキストおよび問題集などは徹底的な分析により構築されています。

出題される可能性への期待も高くなりますし、範囲を絞り込んで徹底的に学習ができるため時間があまりない人でも役立つと考えられます。

もう一つ勉強方法で工夫を行ったことは、2次試験との関連性が高いと考えられる3科目を重点にした勉強方法を取り入れた点です。

重要科目に勉強時間を費やせば時間の節約にもなるでしょうし、その中でも得意領域を中心にやれば学習スピードも高くなるなど気持ち的にも向上する、テンションも上がって来ます。

1次試験は7科目になりますが、難易度や覚えなければならない内容の量、そして2次試験との関連性は異なるため、科目を絞り込んで多くの勉強時間を費やせば効率もアップします。

企業経営理論や財務会計そして運営管理の3科目は2次試験の出題範囲に関連性が非常に強いですし覚える量が多めで難易度も高め、この3科目に費やす勉強時間を割いて重点的に行いました。

試験制度や過去の出題をよく理解することで、効率的に学習を進めることができそうですね!

おわりに

以上が、中小企業診断士試験を学習された方の体験談でした。ビジネスの分野での活躍の幅を広げてみたい方は、検討されてみてはいかがでしょうか?他の方の勉強方法や体験談記事は以下にまとめられているので、興味が湧いた方は是非ご覧くださいね!

中小企業診断士試験の勉強方法・体験談記事まとめ

スタディングの中小企業診断士講座であれば、スマホを利用したスキマ時間での勉強ができますので、育児や仕事で忙しいパパやママにぴったりです!簡単な登録で無料でお試しできますので、気になった方は以下のバナーからご覧ください
中小企業診断士






               

By パパママキャリア編集局

外部の匿名ライターの方の記事や、当社運営他サイトからの移転記事を掲載しております Twitter Instagram