結婚して子供ができてからも、働く女性が増えています。

そのような流れを背景に、子育て中も勉強を続けてキャリアアップすることの重要性が増しています。

海外には託児所がある大学も少なくありませんが、日本国内では耳にすることはあまり多くないですね。

育児しながら働く女性にとっては、勉強を続けていくためには工夫が必要となります。

出産後もキャリアップを目指して勉強を続けるにはどうしたら良いのでしょうか。

今回は、子育てと勉強を両立する方法をご紹介いたします。

You Tube版はこちら

テクノロジーの進歩と教育のあり方

テクノロジーの進歩により、教育のあり方は劇的に変化しています。

親はもはや、家族の世話をするために自分の教育を犠牲にすることを強いられることはありません。

高等教育への革新的なアプローチにより、親は大切な人と過ごす時間を確保しながら、同時に大学に通うことができるようになったのです。

オンライン授業の存在


もっとも大きな存在はオンライン授業です。

いつでもどこからでもログインできるアクセスのしやすさは、本人や家族にとって都合の良い時間に学校に通う機会を与えてくれます。

授業を休むことを気にせずに子どもと一緒に過ごせる自由は、多くの学生にとって大きな安心材料です。

通学の時間が減ることから、家庭を犠牲にすることなく学びを続けられます。

サポート体制の充実


子育て中の人や働いている社会人向けの大学は、サポート体制を充実させています。

サービスアドバイザーを設置しているところも多く、オンラインの学生にあらゆる側面について情報を提供し、教育に役立てています。

場合によっては仲間の学生たちからのサポートも受けられます。

オンライン授業だけでなく、オンライン教室が実現すれば、仲間意識を感じることができるようになります。

子育てとキャリアの両立

➡️ダスキンのメリーメイド


子育てをしながら、仕事をし、出世を目指すのは大変なことです。

多くの女性は、家族のために十分な時間を割くために、自分のキャリア目標を犠牲にしなければならないと感じています。

大切なのはバランスをとること、両方の役割に目的意識を持つこと、そして強い意志を持つことです。

さらに具体的な方法は以下のとおりです。

スケジュールの設定


まずスケジュールを立てることです。

多くの場合、1日または1週間のスケジュールを設定することで、すべてのタスクを滞りなく進めることができます。

毎日、コースワークのためのみに中断されない時間をスケジュールすることは、しばしば役に立ちます。

しかし子供と一緒に過ごす充実した家族の時間も予定に入れなければなりません。

子供との時間は、子供もあなたも楽しめるようなアクティビティをすることで、楽しいものにしましょう。

タスクリストの作成


次にタスクリストを作成することです。毎日のタスクリストを書くことは、ストレスを解消するのにも有効です。

最も重要な項目が最初にリストアップされますから、大切なことを忘れるのではないかという恐怖心がなくなります。このリストには、子供に関わる項目を含めてもよいでしょう。

リストから何かを消すことができれば、毎日の目標を達成したような達成感を味わうことができます。

達成可能な目標設定


さらに達成可能な目標を立てることも有効です。合理的で達成可能な目標を立てることで、ストレスを解消することができます。

必読書をある日までに読み終えるという目標もあります。大きな目標を達成するために、小さな目標を作りましょう。

周囲の人のサポート


そして難しいことですが、助けを求めることです。

共通意識を持ってもらう

勉強について誰かに助けてもらうにしても、子供のことで家族に助けてもらうにしても、お願いすることが最初の一歩です。

適切なタイミングでヘルプサインを出すことで、周囲の人にも共通意識を持ってもらうことが可能です。

適切な休息


最後に勉強と子育てのあいだに休憩を取ることです。

勉強と子育てはどちらも疲れるものですから時には少し離れることで、元気を取り戻すことが大切です。

近くに親と兄弟が住んでいる人やパートナーがいる人は計画的に、休憩を申し出てください。

普段頑張っているのが伝わっていれば、なんとか時間を融通してサポートしてくれるでしょう。

東京都からの委託による事業のため、利用はすべて無料!安心サポート!






               

By パパママキャリア編集局

外部の匿名ライターの方の記事や、当社運営他サイトからの移転記事を掲載しております Twitter Instagram