就職するときに初めてTOEICの勉強をしました。

なぜなら、採用してくれた企業が受験を命じてきたからです。

仕事で英語を使うかどうか疑問でしたが、企業で団体受験を実施するので逃れようがありません。

それまで英語に対して苦手意識はありませんでしたが、それはあくまでも受験英語の話です。

ネイティブレベルの英会話は分かりませんが、高校レベルのヒアリングやスピーキングでは平均点以上は取っていました。

それに加えて大学や大学院では、英語で書かれた論文をたくさん読んだという経験もあります。そのため、TOEICでも高得点を取れるだろうと楽観視していたのです。

就職先によっては、入社時点での英語力を測るためにTOEICの点数を求められることもあるみたいですね

長文問題はほぼ勘だけでマーキング


最初に行った勉強方法は会社が用意してくれた通信教育です。

アカウントとパスワードを教えられ、自宅のパソコンでログインして勉強するように連絡がきました。

いわゆるEラーニングというものですが、初めての体験だったので便利な世の中になったと感じました。

過去問題を解かせるタイプではなく、単元ごとに練習問題と解説を繰り返すタイプです。

それをスムーズに終わらせて、最後に模試に挑戦したところあまり点数が良くありませんでした。

しかし、パソコンで受験したからだと考え、当日はもっと良い点を取れると考えていたのです。

もちろん、その期待は軽く裏切られることになりました。

1問目の写真の問題は解けましたが、対話の問題あたりから聴き取れないところが増えていきます。

ボロボロの状態でリーディングの問題に入って気が動転しました。

最後まで解ききれず、長文問題はほぼ勘だけでマーキングしていきます。

手が震えてしまい、マークミスもしてしまったかもしれません。

まったく手ごたえがなく、高得点を取れているという自信は皆無です。

その予想は見事に的中し、ちょうど500点しかありませんでした。

同期入社の社員たちは同じぐらいの点数の人が多く、それを知った幹部がかなり怒っていたことが印象的です。

十分な対策をしなかった結果、期待した点数が取れなかったのですね

攻略法がパターン化されている


このままだと良くないと感じて、次の試験に向けて勉強方法を変えることにしました。

その理由として、学校の受験英語との違いを痛感したことが挙げられます。

自分はテレビゲームが好きで、遊ぶときは効率の良い攻略法を調べてから挑戦するスタイルです。

TOEICもそれに通じるものがあると直感で分かりました。

もちろん純粋な英語力も求められますが、試験自体にかなりの癖があると思ったのです。

それを分析して攻略法を身につければ、それだけで飛躍的に点数が上がると感じました。

その直感は当たることにあり、半年後には635点を取得するに至ります。

勉強の中心になったのは攻略法を探すことですが、これはそれほど苦労しませんでした。

なぜなら、そのような参考書が多くの出版社から発売されていたからです。

とりあえず書店に行って立ち読みしてみると、学校の英語のテキストとの違いに唖然としました。

本当に高得点を取ることだけに特化する内容で、根本的な英語力を上げさせるものではありません。

このような問われ方をしたら、こっちの選択肢は間違いの可能性が高いというように、攻略法がパターン化されています。

とりあえず、しっかり読み込むだけでも前回との違いが大きく現れると思いました。

ゲームと同じような感覚で攻略法を発見していく方法ということですね

➡️英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH

勉強方法にひと手間を加える必要がある

特に自分はリスニングで点数を落としやすいので、それらの攻略法は本当に役に立ちました。

出だしのワードを聞いただけで、選択肢の半分を捨てられるという点を知ったときは感激です。

それなら正解できる可能性は50%近くまで上がることになります。

必勝ではないけれど、負けるリスクを下げられるという方針だと思いました。

そこで少しでも勝ちに近づけるには、勉強方法にひと手間を加える必要があります。

それは英単語をたくさん覚えることであり、少なくても3000語をインプットしようと目標を掲げました。

暗記量を増やした

前回の点数が悪かったことにも、英単語の暗記量の少なさが大きく関係しています。

Eラーニングに出てくる分しか覚えてなかったので、当然に結果といっても過言ではありません。

そのような反省をもとに、英単語の参考書のなかで評判が良い物を購入しました。

それは英文形式で覚えるものであり、音声用のCDも付属しています。

何より英文がユニークなので記憶に残りやすいというメリットがありました。

ただし、家にいる時間を使って覚えたわけではありません。仕事から帰ってそのような時間を確保するのは容易ではないからです。

攻略法の参考書を読むだけで精一杯であり、しかもそれを実践いて練習する必要もありました。

通勤時間の活用


そこで採用したのは、通勤中にポータブルプレイヤーで聴くことです。

当時はスマートフォンを持っていなかったので、いつも音楽を聴いていた機器を使うことにしました。

電車では参考書を見ながら英文を聞き、歩いているときはリスニングのみに集中です。

最初は効果を感じられませんでしたが、3ヶ月経ったころから聞き取れるようになっていきました。

その結果、苦手だったリスニングのパートが大きな得点源になったのです。

高得点を取るためには、英単語の暗記量に加え、TOEICの試験形式に慣れる必要があるということですね

おわりに

以上が、TOEICを学習された方の体験談でした。グローバルな分野での活躍の幅を広げてみたい方は、検討されてみてはいかがでしょうか?他の方の勉強方法や体験談記事は以下にまとめられているので、興味が湧いた方は是非ご覧くださいね!

TOEICの勉強方法・体験談記事まとめ

スタディングのTOEIC® TEST 対策講座であれば、スマホを利用したスキマ時間での勉強ができますので、育児や仕事で忙しいパパやママにぴったりです!簡単な登録で無料でお試しできますので、気になった方は以下のバナーからご覧ください

スタディング アルク TOEIC TEST講座






               

By パパママキャリア編集局

外部の匿名ライターの方の記事や、当社運営他サイトからの移転記事を掲載しております Twitter Instagram