パパママキャリア編集局です。こちらの記事は、外部のライターさんに執筆していただいた、宅建試験の勉強方法についての記事となります

専門性が高い知識を必要とする問題

宅建を取得する際に用いる勉強方法には、様々な手段が提供されています。宅地建物取引試験は、合格率が2割程度といった狭き門でもあるため、勉強の際には効率的な学習を行なうことが欠かせません。勉強に投じられる予算や時間を加味した上で、適切な学習法を検討していくことが大切です。宅地建物取引主任者を取得するための学習手段には、独学で学ぶ方法と、各種の教育機関を活用する方法が存在しています。どちらの勉強方法を選ぶかは、自分が持つ不動産に関する知見により変わっていくでしょう。

宅建の試験には、建築基準法や行政法規などの、専門性が高い知識を必要とする問題が数多く出題されます。大学で関連分野を学んだ方や、仕事を通じて知識を身に着けた方であれば、独学での合格を目指していくのも良いでしょう。試験に合格するための、前提となる知識が欠けている際には、専門の教育機関を活用することを考える必要もあります。どのような勉強方法を用いるかは、自分がどの程度の知識を所有しているかを見極めることが大切となるのです。

自身の経験や知識に応じて、適した勉強方法を見つけたいですね!

すべての範囲を網羅できるようなスケジュールを

不動産に関する、広範な分野からの出題が行われる以上、合格のためには相応の学習時間を投じる必要があります。仕事をしている方であれば、日々の生活で学習に投じられる時間は限られていくでしょう。少ない勉強時間の中で、如何に合格までの道のりを築いていくかを決めるためには、学習する科目に対する優先順位を決めておく必要があります。法律に関する学問を学んだ方だと、法律科目に対しては、違和感なく学習を進めていけるでしょう。法律に関する基礎的な学力がある場合には、行政法規などの専門性を求められる科目に対して、勉強を集中させた方が良いのです。

宅建

市販のテキストの中には、試験科目単位に提供される書籍も少くありません。自分が苦手とする科目の教材は、初心者向けのテキストを選び、得意とする科目については問題集を中心に学習していくという方法もあります。短い試験時間のなかで、広範な出題分野についての解答を行なうためには、確かな知識を保有していることが欠かせません。全ての教科に対して、平均的な知識を持てるように、自身の学習スケジュールを立てていくことが大切なのです。

幅広い試験範囲の中で、できる限り苦手分野をなくしていく意識が重要ですね!

時間の余裕に応じた学習方法

仕事をしている社会人の方で、不動産に関する学習が初めての方には、通信教育を用いた学習スタイルを取るという方法もあります。帰宅後や休日の隙間時間を使って、無理なく合格に向けた学習を行なうことが出来るからです。通信教育の中には、インターネットを活用した学習スタイルを用いるものも数多く見られます。動画を活用することにより、実際に教室で学んでいるような、学習スタイルを取ることが可能となっているのです。スマートフォンなどの、携帯性の高いデバイスに対応している講座であれば、通勤途中にも学習を進めることが出来るでしょう。社会人の方が、宅建の学習を進めるにあたっては、知識の保有量に応じて、独学と通信教育を使い分けていくのが効率的なのです。

学生の方など、勉強に充てられる時間に余裕がある方は、学校に通っての学習を考えてみるのも良いでしょう。独学や通信教育とは違い、同じ目標に向けての学習を行なう、クラスメイトを見つけることが出来るからです。宅建に限らず、資格試験を目指した勉強では、孤独な学習を強いられることが珍しくありません。1年近くにも及ぶ、長期に亘る学習では、気分が滅入ってしまうことも珍しくありません。試験への合格という、同じ目標に向かっての勉強を行なう、気の合う仲間を見つけることが出来れば、日々の学習も楽しいものへと変えられます。通学での学習には、独学や通信教育では得られない、高いモチベーションの維持があるのです。

自分がどれだけ時間を充てられるかを踏まえて、学習方法を検討しましょう!

独立開業への道も

宅地建物取引主任者は、不動産を営む事業者においては、設置を義務付けられている部分があります。資格の取得を行なうことで、就活を有利に進めることは勿論のこと、独立開業への道も見えていきます。不動産会社によっては、高額の資格手当てを付与するところも少くありません。雇用の安定化と収入面の向上が、宅地建物取引主任者資格を通じて得られるのです。

試験に合格するためには、全体の7割程度を正解する必要があります。広い出題内容の中から、高い正答率を実現させるためには、的を絞った重点学習を継続させることが大切です。市販の教材や教育機関を紹介するサイトの中には、利用者の方の口コミを掲載するものも少くありません。紹介されている学習法を用いて、どのような形で合格までたどり着けたのかを参考に、適切な学習法を選んでいくのが良いでしょう。試験に出題される内容には、最新の行政法規が交えられることが珍しくありません。業界の動向を読みながら、適切な内容を解説してくれる、教材や学習機関を見つけることが大切となります。自分の知識と投じられる勉強時間を基に、最適な学習方法を選んでいくことを心掛けましょう。

不動産の分野でよりよい仕事をするためという目標があれば、高いモチベーションを保てそうですね!

おわりに

以上が、宅建試験を学習された方の体験談でした。不動産の分野での活躍の幅を広げてみたい方は、検討されてみてはいかがでしょうか?他の方の勉強方法や体験談記事は以下にまとめられているので、興味が湧いた方は是非ご覧くださいね!

宅建試験の勉強方法・体験談記事まとめ

スタディングの宅地建築物取引士講座であれば、スマホを利用したスキマ時間での勉強ができますので、育児や仕事で忙しいパパやママにぴったりです!簡単な登録で無料でお試しできますので、気になった方は以下のバナーからご覧ください

宅建






               

By パパママキャリア編集局

外部の匿名ライターの方の記事や、当社運営他サイトからの移転記事を掲載しております Twitter Instagram