パパママキャリア編集局です。こちらの記事は、外部のライターさんに執筆していただいた、個人情報保護士試験の勉強方法についての記事となります

個人情報保護士の勉強方法では、スマートフォンのアプリを積極的に使いました。
最初はネット通販や書店で販売されている参考書を使い、試験対策の勉強をするつもりでした。
しかし自宅だけではなく通勤時間や仕事の合間にも勉強したかったため、参考書では持ち歩きに不便です。
もちろん持ち歩けないことはありませんでしたが、荷物が増えるのが嫌だなと思っていたのです。
そんなときに個人情報保護士の試験勉強ができるアプリがリリースされていると知り、これならスマートフォンさえあればいつでも勉強できると考え、早速ダウンロードしてみることにしたのです。
今回の試験では、このダウンロードしたアプリが大活躍してくれましたね。
スマートフォンのアプリなら電車に乗っている間に勉強ができますし、仕事の休憩時間も有効活用できます。
一昔前にはスマートフォンのアプリで試験対策というのは考えられませんでしたが、現代ならでは優れた勉強方法だと実感しました。
現代ならではと言えば、役に立ったのはインターネットのサイトです。
インターネットには個人情報保護士の資格についてまとめたサイトがあり、そこでは合格に必要な知識を解説しています。
基本的にはスマートフォンのアプリで勉強、それでもわからないことがあった専門のサイトでさらに調べて詳しい情報を読んでさらに理解を深める、この流れを意識して勉強をしていました。
メインに使っていたのはスマートフォンのアプリとインターネットの専門サイトでしたが、個人情報保護士で使った勉強方法はそれだけではありません。
最初に全体像を把握するため、資格についてまとめられた参考書を一冊購入しました。
この参考書を読むことで専門用語についてある程度の知識を仕入れることができましたし、問題の傾向も把握できました。
インターネットの情報というのは必ず正しいものではなく、また古い情報がそのまま残っているケースもあります。
正しい情報を仕入れて試験に挑むためにも、信頼できる参考書を一冊ぐらい購入して読んでおくのは大切ですね。
基本的にはデジタルな方法で勉強をしていましたが、もちろんアナログな方法は他にも使っています。
たとえばアプリやサイトを読んでもなかなか知識として定着しない場合は、ひたすら書くようにしました。
具体的には覚えにくい専門用語があると、それをノートにひたすら書いて覚えるようにしたのです。
ノートに文字として書くという行為は、記憶として定着させるために有効とされています。
学生時代からわからない用語などがあるとノートに意味を書いて覚えることをしていたので、今回もその時の方法を使うことにしました。
もし勉強をしても覚えられない用語などがあったら、文字にして書いてみるのも良いかもしれません。
書く方法は何でもよくて、昔からやっていたので自分は紙と鉛筆を使って書いていましたが、スマートフォンになれている人ならメモ帳アプリなどを使っても良いでしょう。
大切なことは試験に必要な知識をしっかりと頭に定着させることなので、自分が一番やりやすい方法で書いて覚えるのがおすすめです。
基本的な知識を覚えたら、あとはひたすら問題集や過去問を解いていました。
問題集を解くことでより実践的な演習ができますし、過去問を解くことで本番の試験に近い問題に慣れることができます。
ただ単に目の前の問題を解くだけではなく、スピードも意識しながら解くようにするとより実践的と言えるかもしれません。
問題集はネット通販で購入しましたが、過去問は知り合いから譲り受けたものを使いました。
過去に個人情報保護士の試験を受けて合格をした知人がいたので、過去問を譲り受けるだけではなく勉強方法など、色々なアドバイスを受けられたのもありがたかったです。
こうした勉強方法で合格するまでにかかった時間は、大体4ヶ月ぐらいです。
最初に資格の取得を考えたときは一番近い試験日程まで1ヶ月ほどだったので、これでは勉強しても間に合わないなと思い次回の日程を目標に計画を立てていきました。
具体的な計画としては最初の3週間ほどで参考書を読んで全体像を把握して、試験の1ヶ月前まではアプリを使って勉強、残りの1ヶ月で過去問を繰り返しとくという流れです。
一日の勉強時間は平日なら1時間程度、休日には3時間から4時間ほど勉強をしていました。
もちろん仕事の状況によって時間には差がありましたが、絶対に守ったことはどれだけ忙しくても最低30分は勉強するということです。
間があくと忘れたりモチベーションが下がってしまうので、習慣づけるためにもこれだけは絶対に守るようにしていました。
毎日最低30分の勉強は、忙しい社会人ほど難しいと思うかもしれません。
しかしちょっとだけ早起きをしたり、スマートフォンのアプリでスキマ時間を活用すれば意外と勉強時間は作れます。
独学で個人情報保護士の資格を取得したいなら、この勉強方法を参考にしてください。

個人情報保護士試験の勉強方法・体験談記事まとめ

スタディングの個人情報保護士講座であれば、スマホを利用したスキマ時間での勉強ができますので、育児や仕事で忙しいパパやママにぴったりです!簡単な登録で無料でお試しできますので、気になった方は以下のバナーからご覧ください

個人情報保護士






               

By パパママキャリア編集局

外部の匿名ライターの方の記事や、当社運営他サイトからの移転記事を掲載しております Twitter Instagram