最近のインターネットの発展というものには目を見張るものがあります。このインターネットの特徴というのは、瞬時に多くのデータを情報通信網を介して操縦できるということです。そのために、インターネットが出てくるまでは数日かかったような情報伝達が、ほぼ一瞬でできるような形になってきています。このようなことから、情報通信の速度というものが大きく桁が変わるほど変わりました。多量のデータを大変早く伝達することができるということは、色々な作業を行う際の時間を短縮してくれます。

またインターネットの発展というのは、日常の様々なことの作業を電子的に行うことを可能にしました。従来の方法では、紙の書類に様々な情報を手で書き込み、郵便などで郵送して伝達するという形式がとられていました。そのために、色々な作業の時間は現在に比べて大変長いものでした。情報の参照なども、現代の電子化されたデータというのは他からの参照を簡単に可能にします。したがって、容易にデーターの複製になるということもできてしまいます。この事により、大量のデータを複製し様々な分析を電子的に行うということも可能になってきたわけです。データの分析は、コンピューターなどの電子機器の発展も大いに寄与しています。

このようなことから現在のインターネット社会では、データの伝達や編集保存などを従来とは考えられないような状況になってきました。データの保存なども、ほんの小さな大きさの機器で莫大なデータが蓄積できるようになっています。従来の紙の書類のデータ量に比べると数桁桁が変わるぐらいの蓄積量を実現することができます。データの転送を行う方法なども簡単に行うことが可能です。コンピューターなどを使用して、自動的にデータの中身を検索し様々な方や判断などを行うことがよくなされています。大変便利な世の中になり、通常であればなかなか手に入れられないような資料に関しても、世界中に張り巡らされたインターネットを利用して簡単に入手することが可能となってきました。

ただこのような状況というのは、好ましいものばかりではありません。大量の情報を高速で処理できるようになったということから、様々な個人情報や関連する情報などもこのようなシステム上で処理が行われるということが普通になってきています。その取扱いに関してきちんとしていれば問題はないのですが、事故や誤動作によって個人情報が関係のない人達に露出してしまうという危険性もあります。このような事故とは別に、ハッカーなどにより情報が盗み取られたり改ざんされるということもかなり最近たくさん出てくるようになりました。個人情報の中には、公開されるとその人にとって不利益となる情報もありますので、特に取扱いには注意が必要です。

個人情報保護士

そのようなことから、個人情報の取り扱いなど関する資格が求められるようになってきました。そのような背景から生まれてきたのが個人情報保護士です。個人情報保護士を名乗るためには、一般財団法人全日本情報学習振興協会の認定試験を受け合格する必要があります。個人情報保護士の試験問題内容は、個人情報保護の総論と個人情報保護の対策と情報セキュリティの2つの項目から成り立っています。この課題のそれぞれで70%以上の正解をする必要があります。この試験の特徴は、全問で150本のマーク式テストとなっている点です。かなりの量ですが、きちんと勉強をすれば独学でも合格可能と言われています。ただ、より効率的に勉強をするのであれば、通信講座や講習会の受講を行うことができます。どの勉強法を選ぶかという事に関しては、個人の状況にもよりますので、自分に合った勉強方法を選択するのが良いでしょう。

通信講座では2から3万円とやや高額の費用が必要ですが、公認テキストの内容や試験となる項目についての説明や過去に出題された問題の解説についての説明あります。独学で勉強を行うには、公認とされるテキストや問題集などを自分で手に入れ勉強します。費用も5千円以下と安くてすみ、時間に縛られず勉強ができます。ただ、いろいろな情報は情報は自分で集めなければなりません。問題点としては、過去問がネット上で出回っていない事です。講習会受講で勉強を行う際には、一般財団法人全日本情報学習振興協会が開催する講習会を受講します。受講料は、一般の個人受講で15,000円です。5時間程度で要点を学べるので、時間があまりない際には助かります。

公認テキストとしては、試験実施団体である一般財団法人全日本情報学習振興協会が出版する個人情報保護士認定試験公式精選過去問題集があります。この公認テキストは、全日本情報学習振興協会が認定する公式過去問題集となっています。これまでの試験の出題の範囲や傾向に加え、過去3年間に実施されたの問題から高い重要度のものを選び項目別に整理し問題集です。

個人情報保護士試験の勉強方法・体験談記事まとめ

スタディングの個人情報保護士講座であれば、スマホを利用したスキマ時間での勉強ができますので、育児や仕事で忙しいパパやママにぴったりです!簡単な登録で無料でお試しできますので、気になった方は以下のバナーからご覧ください

個人情報保護士






               

By パパママキャリア編集局

外部の匿名ライターの方の記事や、当社運営他サイトからの移転記事を掲載しております Twitter Instagram