パパママキャリア編集局です。こちらの記事は、外部のライターさんに執筆していただいた、危険物取扱者の勉強方法についての記事となります

社会人になると仕事の経験だけではなく学歴や資格が重要であることを毎日の仕事で学び、キャリアアップをするためには余暇の時間を使って勉強しなくてはいけません。たとえば士業などの勉強には数百時間から千時間などの勉強をした上で、リーガルスクールなどへ通うことで独学でも受験資格を得て試験を受けることが出来ます。

こうした難解資格は持っていれば一生安泰と言われておりましたが、現在は士業の数が増えており法律も変化して独占的な市場はなくなっていると言われているのです。そのために勉強して国家資格を取得しても、法律事務所に所属してサラリーマンのように働く人も少なくありません。


危険物取扱者の資格は前述した士業などに比べれば難しいものではありませんが、やはり勉強しなければ受かることはないのです。合格率は甲種や乙4の場合には30%と発表されておりますし、勉強期間に関しては1か月から4か月の準備期間が一般的になります。甲種は一番難関の試験であり、全体的な合格率は50%から60%程度と言われているのです。


勉強方法は過去問を解いてみることが重要ですが、初めてテストを行った場合にはまったく点数は取れません。参考書やテキストを使い独学を行い、場合によっては通信教育やスクールへ通学する方が歯や道になることも珍しくはないのです。危険物は大きく分けて三つの区分があり、甲種・乙種・丙種によって試験区分と難易度が変わり、合格率や合格基準が異なります。試験対策にはノウハウのあるテキストや通信教育などを選択すれば、最新の合格率や出題傾向を把握することが出来るのです。自分だけで独学することも良いですが、効率的に最短で試験取得を目指すのならばやはり通学などを視野に入れるといいかもしれません。


前述したように区分は大きく分けて三つですが、レベルは乙種でも1種から6種まで幅広くあることが特徴です。その中でも乙4種の人気が一番高く、受験者が多いことは汎用的な知識と資格であるからになります。工業高校の生徒や危険物を扱う企業の現場管理者や、責任者などが受験することが多いことで資格取得者の底上げがされている側面があるのです。資格を取得すれば他の試験で免除を受けたりなどの、優遇措置が取られることもあるのでまずは乙4種に挑戦してみるのがいいかもしれません。
高校生や大学生ならば勉強する時間は毎日のカリキュラムに取り入れやすいですが、勉強習慣のなくなった社会人が独学を始めるのには心の強さが必要になります。集中力や座学に対する慣れなどは、いきなり机に向かったからと言って養えるものではありません。少しずつ気持ち的になれてみるために、テキストを開いて机に向かうだけでも最初は構わないのです。仕事で疲れている時もありますし、社会人ならば付き合いでお酒を飲むこともあります。酔っている時には著しく計算能力や記憶力が曖昧になるために、そうした時には勉強を休むことも重要です。


危険物取扱者の合格ラインは約60%の得点を取ることであり、逆に4割程度ならば間違えても基準値をクリアすることになります。法令と物理学と火災に関する問題に分かれているので、得意分野では不正解にならないように得点の底上げを行い、苦手な科目では確実に点を取れる部分を見逃さないことが重要です。試験日から逆算することでスケジュールを組み立てて、余裕を持って時間と勉強出来る環境を整えます。自費で受験するだけではなく会社の経費で受けることも想定されているために、プレッシャーは感じつつも毎日少しずつの努力を積み重ねて合格ラインまで持ってゆくことが大切なのです。


試験日は各都道府県で変わるためにインターネットサイトや、パンフレットで試験日をよくチェックしておかなければなりません。前期と後期に開催されるケースが多いために、自分の習熟度によって受ける日を設定します。区分によっては大学などで化学を専攻していたり、修士などの資格があれば受験資格を得られるのが甲種危険物になるのです。乙種や丙種は誰でも受験が可能であり、上級資格である甲種への挑戦の土台になる資格でもあります。だから受験資格を得るためには二弾ステップで臨まねばならず、長い場合には1年間程の勉強をしなくてはなりません。


勉強方法はテキストを使ったものならばノートやペンで要点を書き出したり、ラーニングを利用するならば勉強した後に繰り返し模試を行うことで理解度を上げます。マークシート形式の受験になるために慣れておくために、実際の試験の形に近いようなテストを本番直前に受けておくのも有効です。試験時間は120分や150分の長丁場なので、普段から時間間隔に慣れておくことと問題を解くスピードも意識しておくのがおすすめになります。資格を取ることで仕事の範囲が広がることもあり、責任のあるポジションを任せられるケースも増えるのです。また資格手当が充実することもありますので、苦労が報われます。

危険物取扱者試験の勉強方法・体験談記事まとめ

スタディングの危険物取扱者講座であれば、スマホを利用したスキマ時間での勉強ができますので、育児や仕事で忙しいパパやママにぴったりです!簡単な登録で無料でお試しできますので、気になった方は以下のバナーからご覧ください

危険物取扱者






               

By パパママキャリア編集局

外部の匿名ライターの方の記事や、当社運営他サイトからの移転記事を掲載しております Twitter Instagram