パパママキャリア編集局です。こちらの記事は、外部のライターさんに執筆していただいた、危険物取扱者についての記事となります

キャリアアップになる資格を取得したいと思い、危険物取扱者乙4の資格を取得しました。
最初は資格を取得するためにスクールに通うなどの方法も考えていましたが、結論から述べると勉強方法は独学です。


ネットで調べたところ人気資格のため志願者が多く合格率は低いものの、試験の難易度は高くなく独学でも問題ないと多くのサイトで解説されていたので、自力で勉強し合格を目指すことにしました。
しかし独学でも大丈夫と説明されていても、全く不安がなかったわけではありません。
不合格になったらどうしようと不安になることはありましたが、その一方で精神的なゆとりもありました。


危険物取扱者乙4の資格は仕事で今すぐ必要になるわけではなく、あれば手当が増えるなどちょっとしたメリットです。


確かにキャリアアップになり手当も増えるのは嬉しいですが、かといって切羽詰まって受験するわけではないのゆとりを持って考えることにしました。


とはいえ精神的にゆとりがっても、準備はしっかりと整えておかなければいけません。
まず考えたのは全体のスケジュールで、受験を決めたときには次の試験が迫っていましたがあえて見送りました。


一般的には3ヶ月から6ヶ月程度の勉強期間が必要だと言われていたので、仕事のことも考え受ける試験は半年後あたりを目指してスケジュールを組みました。
ゆとりのあるスケジュールを立てたことで、じっくりと準備ができたのは良かった点です。


途中仕事が忙しくなりなかなか勉強する時間を取れなかった時期があったので、もし始めにスケジュールをガチガチに決めていたら、準備不足のまま試験当日を迎えることになっていたでしょう。
もちろん受ける試験日は自由に決められるので、準備不足なら延期をしても構いません。


ですが最初から余裕を持つことでじっくりと勉強に集中できるようにもなるので、余裕を持ってスケジュールを立てるのは勉強方法と同じぐらい大事だと思います。
勉強方法で大事なのは、もちろん使用する参考書と問題集の選び方も重要です。


危険物取扱者乙4は人気のある資格のため、大きな書店に行けばたくさんの参考書や問題集が販売されています。
最近はスマートフォンのアプリも登場していて、重い参考書を持ち歩かなくても手軽に勉強できて便利です。


参考書選びで最も重視したのは、最新版への対応です。
人気のある参考書の一部には最新の改訂がされていないものもあり、間違えて購入すると役に立ちません。


必ず最新版であるかを確認した上で、本屋で中身をチェックしてから購入するようにしました。
また前述したスマートフォンのアプリもいくつかダウンロードして、自分が使いやすいものを残して仕事の隙間時間などを使って勉強していました。
こうして参考書を使いながら危険物取扱者乙4の合格に必要な知識を頭に入れていきましたが、やってみて思ったのは勉強する順番の重要性です。


最初は法令から勉強しようと思ったのですが、スンナリと理解できず四苦八苦しました。
そこで危険物取扱者乙4の勉強方法について調べてみると、おすすめの方法として化学や物理の基礎知識からまずは取り組み、その後に法令に関する勉強をするのが効率的だと紹介されていました。
確かに化学や物理なら、学生時代に得意だったのである程度の知識はあります。
基礎的な知識、得意な分野から始めることによってモチベーションも上がるので、勉強方法で意識してみると良いかもしれません。


また合格するためには、すべての科目で60%以上の正解をする必要があります。
特定の科目だけを集中的に勉強して得点を伸ばしても意味がありませんから、バランスを考えて勉強することも大切でしょう。
これらのポイントを意識しつつ参考書で勉強をしたら、次に取り組んだのは徹底的な過去問の繰り返しです。


過去問は一般財団法人消防試験研究センターのホームページで公開されており、誰でも手に入れることができます。
繰り返し過去問を解くことで出題傾向がわかりますし、合格に必要な自力もつけることができるでしょう。
全ての過去問を合格ラインを超えるまで繰り返すことで、知識が身につくだけではなく自信を持って挑めるようになったのもメリットだったと思います。


過去問を繰り返しときつつ並行してやっていたのは、予想問題集です。
ネット上では予想問題も無料で公開されており、これらも日頃から活用していました。
予想問題はあくまでも予想ですが、多くの問題に触れることによりさまざまなパターンにも対応できるようになるので、試験を受けるならこれも利用したいサービスです。
危険物取扱者乙4の資格を取得するためにしていた勉強方法は、基本的に参考書を使って知識を学びあとは過去問や予想問題を解いていただけです。


あとは時間がないときでも少しでも勉強時間を作って、継続することを意識していました。
しっかりと準備をしていれば比較的合格しやすい資格なので、準備をしっかりしておくことが大切です。

危険物取扱者試験の勉強方法・体験談記事まとめ

スタディングの危険物取扱者講座であれば、スマホを利用したスキマ時間での勉強ができますので、育児や仕事で忙しいパパやママにぴったりです!簡単な登録で無料でお試しできますので、気になった方は以下のバナーからご覧ください

危険物取扱者






               

By パパママキャリア編集局

外部の匿名ライターの方の記事や、当社運営他サイトからの移転記事を掲載しております Twitter Instagram