パパママキャリア編集局です。こちらの記事は、外部のライターさんに執筆していただいた、TOEICの勉強方法についての記事となります

本試験を受けたことで自分の実力がわかった

初めてTOEICに挑戦したのは大学2年生のときです。大学の英語の授業の一環としてTOEFLを受けてあまりの難しさに驚き、今後必要になると思われたTOEICを受けたのです。TOEFLは留学希望者向けの試験であり、留学を必要としない私は回避しました。
最初のTOEICスコアは450ほどでした。点数を稼げたのはリーディングの文法問題など、大学受験英語と共通する部分です。リーディングの後半部分、情報を読み取って質問に答えるセクションは時間が足りずに点数が稼げませんでした。リスニングはほとんど聴き取ることができず、壊滅的な出来となりました。
英語の得意な、海外在住経験のある友人の話によると、実際の会話や学校の授業はもっとスピードが速く、聴き取るのも難しくなるということでした。試験問題の発音はアナウンサーのような明瞭さであり、現実にはもっと滑舌が悪い人が多いとも言われました。
試しに本試験を受けたことで自分の実力がわかったので、さまざまな勉強方法を試して実力をのばしていきました。ここでは効果のあった勉強方法に限定して紹介していきます。

実際の英会話のシーンを想定するならば、TOEICに加えて会話の訓練をする必要がありそうですね

音読とシャドーイングとリピーティング

知名度が低いものの効果が高いリスニング向けトレーニングが音読とシャドーイング、リピーティングです。英語を聴いたあとにすぐに訳さなければ理解できない人には絶大な効果を発揮します。この3種類のトレーニングはすべて、精読し終わった文章で行います。すべての単語・熟語の意味がわかり、構文が取れていることが大切なのです。そのうえで声に出して繰り返し読むのが音読です。黙読よりも記憶に残りやすいことが科学的に証明されていますし、集中しやすいから効果的です。


シャドーイングは音源の少し遅れて音読する方法です。文字は見ずに、耳から入ってきた英語を理解してそのまま口にするのです。すでに繰り返し音読をした音源で行うといいでしょう。遅らせる度合いは、単語1つ分がやりやすくておすすめです。英語のリズムやペースに慣れることができますし、自然と英語脳になることがメリットです。

スタディング アルク TOEIC TEST講座


リピーティングは、細かく区切ってポーズを入れた音源の内容を繰り返すように言うトレーニングです。頭の中で英語の文や節を保持する必要があり、トレーニングするほど多くの情報を入れられるようになります。英語を直接理解するにはこの保持する能力が欠かせません。不足している人が長めの文章を聞くと、途中で文の構造が頭に入ってこなくなり、理解できなくなってしまうのです。

リスニングが苦手に感じる人は、まずは英語を聞くことに慣れる必要があるのかもしれませんね

発音の練習はスピーキングにも有効

リスニングだけでなくスピーキングに役立つのが発音の練習です。発音を修得するには、発音記号一つひとつについて詳しく解説している教材を使います。書店で2千円ほどで購入できます。およそ30ほどある発音を正しく発音できるようになったら、具体的なフレーズを発音します。他の言語と同じように英語も、単語と単語がくっつくようになりますから、それについても解説を見ながら練習することでマスターできます。発音練習をしていなと、英語の音源を聞くときにカタカナに変換してから理解することになります。これは手間であり、理解のスピードが低下します。英語の発音のまま脳に入ってくるので、疲れにくいうえについていけなくなるリスクが低減します。とっつきにくい部分はありますが、効果を信じて続けるのがいいでしょう。


ここまでのトレーニングを継続するとリーディングの情報読み取り問題が得意になります。自然なスピードで英文を読みこなせるようになりますから、時間がなくなってしまうことがないのです。知らない単語が登場しない限り、手こずることはないでしょう。


リーディングセクションの前半部分は語彙と文法知識が試されます。この手の問題は効率よく暗記することが欠かせません。そこでおすすめなのが暗記カードの作成です。近年はスマートフォン向けの暗記アプリがありますが、決して勧めることはできません。ゲームをしたり動画を観たりできる端末で、勉強を続けるのはよっぽど意志が強い人以外はできないと考えるからです。


新しい単語・知識を暗記するときは、そのカードをまず10日連続で使用します。問題を見たら、正しい答えが出てくるまで繰り返しチャレンジする、これを10日間毎日行います。辛いのは新しいカードを使う1日目と2日目くらいで、3日目から10日目はそれほど辛くはありません。しかし記憶をしっかり定着させるのに欠かせない期間ですから、繰り返し行います。それから10日間はそのカードを寝かせておきます。再開初日にテストを行い、答えられなかったカードをそれから10日間また同じように繰り返し使います。答えられた合格となったカードは、覚えたから使いません。


この方法で単語と文法知識を詰め込めば、TOEICはそれほど難しいテストではありません。私も990を獲得したわけではないのですが、珍しい単語が登場しない限り、ほとんどの問題に自信を持って回答できるようになりました。

満点を取るのは難しいですが、基礎をしっかりと抑え、試験対策を徹底することで高得点を目指すことはできそうですね!

おわりに

以上が、TOEICを学習された方の体験談でした。グローバルの分野での活躍の幅を広げてみたい方は、検討されてみてはいかがでしょうか?他の方の勉強方法や体験談記事は以下にまとめられているので、興味が湧いた方は是非ご覧くださいね!

TOEICの勉強方法・体験談記事まとめ

スタディングのTOEIC® TEST 対策講座であれば、スマホを利用したスキマ時間での勉強ができますので、育児や仕事で忙しいパパやママにぴったりです!簡単な登録で無料でお試しできますので、気になった方は以下のバナーからご覧ください

スタディング アルク TOEIC TEST講座






               

By パパママキャリア編集局

外部の匿名ライターの方の記事や、当社運営他サイトからの移転記事を掲載しております Twitter Instagram