パパママキャリア編集局です。こちらの記事は、外部のライターさんに執筆していただいた、子育てに活かせる資格についての記事となります

はじめに

出産を経て子育てが始まると、自分の子供のためにこれまでに自分がしてこなかったこと、興味を抱かなかったことに対しても興味がわくようになるでしょう。このような時には、新たな資格を取得するチャンスが巡ってきたともいえます。様々な資格講座が現在では提供されていますが、中には子育てに活かせる資格も数多く見られます。子育てに直結しているものもあるでしょう。

またそれだけではなく自分の仕事として生かせるものも存在します。それと一石二鳥にもなるのです。このようなことから子育てに生かせる資格にはどのようなものがあるのかを、把握して、自分にぴったりのものを見つけられると良いでしょう。

食育インストラクター


まず第一に挙げられるものとしては、食育インストラクターが挙げられます。子供の体を成長させるために必要となるものの一つが食事ですが、栄養面に優れた食事を摂取していれば、子供は健やかに成長していくことでしょう。しかし実際には食べて欲しいものを嫌がって食べなかったり、食事にムラがあったりと、親の思うようにはいかないのが実情です。

好き嫌いや遊び食べ、食べムラに困る保護者は非常に多いのです。このような時に行いたいのものが食育であり、食に関する様々な経験を通じ、食の知識を得たり、バランスの良い食を選択する力を身に付けることにより、健全な食生活を実践する力を育てることが食育です。

食育インストラクターを取得すれば、基礎知識を習得することができ、日々の生活にこれを生かすことができます。実際にどのような場面で役立てることができるのかと言うと、良い食材を選んだり、バランスの良い食事を作ることができるようになるでしょう。子供の年齢や月齢に見合ったレシピを作ることも可能であり、子供の体を作るための重要な色であるからこそ、良いものを食べさせてあげたいものです。

離乳食・幼児食コーディネーター


そして二つ目にあげられるものが離乳食・幼児食コーディネーターと呼ばれるものです。赤ちゃんが母乳やミルク以外のものを初めて口にするものが離乳食です。

そして離乳食を終えた子供が次に進むものが幼児食なのです。どちらも食事には変わりは無いものではありますが、離乳食は大人のご飯を食べられるまでの準備期間であることもあり、子供の月齢に見合ったものを作らなければなりません。幼児食の場合にはほとんどが大人と同じものですが、味付けを薄めにする必要があるでしょう。

どちらもインターネットなどを使えば情報を仕入れることができるものの、きちんとした知識を学ぶ機会はそれほどないのが実情です。食事は一生に関わるものでもあり、正しい知識を持ち離乳食や幼児食を作っていきたいものです。

このような時におすすめとされているものが離乳食、幼児食コーディネーターと呼ばれるものです。乳幼児の食事や身体の発達について正しい知識を持つことができ、その発達段階に合わせ栄養バランスに優れた食事を作ることができるプロです。知識と技術があれば、自信を持って子供に離乳食や幼児食を食べさせることができるでしょう。

野菜スペシャリスト


そして三つ目には野菜スペシャリストが挙げられます。野菜には数多くのビタミンを始めとした栄養が豊富に含まれていますが、子供だけではなく大人も積極的に摂取したい部分と言えるでしょう。

このような栄養バランスの優れた食事を作るために必要となる野菜について正しい知識を持ち、その効果を十分に発揮させることができるものが野菜スペシャリストです。日ごろの食事に野菜を取り入れたい時にも非常に役立つものであり、栄養を逃さないための調理法、野菜ごとの美味しい食べ方などがわかるため、野菜の新の魅力に気がつけることでしょう。

おわりに


その他にもファイナンシャルプランナーやボールペン習字講座、整理収納アドバイザーなど、数多くのお勧めの資格があります。ぜひとも取得にチャレンジしてみましょう。

スタディングのFP講座であれば、スマホを利用したスキマ時間での勉強ができますので、育児や仕事で忙しいパパやママにぴったりです!簡単な登録で無料でお試しできますので、気になった方は以下のバナーからご覧ください

税理士






               

By パパママキャリア編集局

外部の匿名ライターの方の記事や、当社運営他サイトからの移転記事を掲載しております Twitter Instagram