パパママキャリア編集局です。こちらの記事は、外部のライターさんに執筆していただいた、子育て中でも取得しやすい資格についての記事となります

はじめに

子供が生まれて育児を終えた後に再就職をするとなると、かなり大変なことになるでしょう。学生時代に資格を取得するなどして、手に職があれば良いかもしれませんが、特別に資格を持っていないとなると、かなり苦労をすることが予想されます。このようなことから、子育て中にでも取得できるのであれば、ぜひとも資格を取得しておきたいところです。いくつかのおすすめのものがあるので、自分にできそうなものを選んで取得を目指してみると良いでしょう。

おすすめの資格


おすすめのものとしては、児童発達支援士やチャイルドカウンセラー、ファイナンシャルプランニング技能士、調剤薬局事務などが挙げられます。

まず児童発達支援は、発達障害児の支援の方法を学べる、子供の能力の必修引き出し方を学べるのが最大の特徴といえます。発達障害だけに特化したものではなく、健常者の子育てにも大いに役立つことでしょう。

チャイルドカウンセラーとは不登校や学校内での問題行動などに対し対応を求められる専門的な心理学知識、心理援助技術を備えるカウンセラーのことを指します。主に小学校の教育現場で生かすことができます。

ファイナンシャルプランニングは国家資格にあたり、将来の夢や希望などの個人の生涯生活設計を実現させるための資産設計のことを指しています。近年注目を浴びていて、難易度や費用は比較的高めと言えるでしょう。

調剤薬局事務は、女性に非常に人気があります。日本は現在超高齢化社会を迎えていることから、医療関係の需要が減少する事はほとんどありません。このような意味からも、将来性は抜群とも言えるでしょう。難しそう、学歴等の縛りがありそうに思えるかもしれませんが、全く縛りもなくどのような人でも気軽に挑戦することができます。

資格の選び方


その他にも多数おすすめの資格はありますが、これらがおすすめとされていることには理由があります。その1つの理由は生活にすぐに生かすことができる点です。主婦である女性が仕事をする場合には、家計のために稼がなければならないと言うよりも、生活にゆとりを持たせるために働きたいと言うケースも多く見られます。中には毎月ギリギリで生活している人もいるかもしれませんが、それであったとしても現状では生活ができていることから、多くの人が現在よりもゆとりを持ちたいと言うことを考えていることでしょう。

このような場合には、生活を彩る事はお金だけではなく、子育てに関する知識を入れておけば、より毎日を楽しむことができるでしょう。薬に関する知識があれば、子供や家族に何か万が一のことがあったとしても安心であり、お金の知識をつけておけば、投資で思わぬ儲けを得られる可能性もあります。パソコンに詳しくなれば、在宅ワークと言う道も大きく開けることでしょう。

全て日常に関連しているものばかりであり、仕事のためだけに勉強をするのはもったいないので、日常に生かせるかどうかを意識することも重要です。

そして2つ目の理由は、これらは需要が高い分野であることです。特に児童発達支援子となると、発達障害に関連するものであるため、放課後デイサービス、学童や保育園、幼稚園などでもいかずことができます。調剤薬局は全国にどんどん規模が増えていて、パソコンスキルはどこでも必須となっています。

そしてこれらは比較的気軽に受講できるでも嬉しい魅力といえます。どれも10万円以内で合格を目指すことができるものであり、安いものであれば3万円程度でも可能です。高いお金を払い取得したとしても、必ずしもその業界に就職するわけではありません。

子供を持つ主婦となると、働く時間や場所、急な休みに対応できるかなど、様々なことを考慮した上で選ばなければなりません。すると職種がある程度限られてしまうのです。ほどほどの金額で受講できる事は重要なポイントです。

おわりに

以上が、子育て中でも取得しやすい資格の紹介でした。育児をしつつ知見を広げてみたい方は、検討されてみてはいかがでしょうか?他の方の勉強方法や体験談記事は以下にまとめられているので、興味が湧いた方は是非ご覧くださいね!

資格・検定試験紹介記事まとめ

スタディングのFP講座であれば、スマホを利用したスキマ時間での勉強ができますので、育児や仕事で忙しいパパやママにぴったりです!簡単な登録で無料でお試しできますので、気になった方は以下のバナーからご覧ください

税理士






               

By パパママキャリア編集局

外部の匿名ライターの方の記事や、当社運営他サイトからの移転記事を掲載しております Twitter Instagram