子育てが優先であると明確に決めてしまう

子育てをしながら様々な勉強をしたいと言う人は多く、また最近では様々な知識を持っていなければ時代の変化に対応できないと考えている人も少なくありません。しかし実際には子供の面倒は非常に時間がかかるものであると同時に、いつ何が起きるか分からないと言う不安を感じることも多いものです。そのためまとまった勉強をしようとしても、なかなか思うようにいかずに諦めてしまう人も少なくありません。


最近では様々な通信講座やインターネットを利用した学習方法などが提供されており、これを利用することで豊富な知識を得ることができます。様々な資格を取得する際にもこれまでは学校に通わなければならないと言うケースも多かったのですが、近年ではその方法も充実しており、自宅にいながら高校や大学の勉強をすることができるなど、非常に学業を進めるための環境が整っているのが実態です。そのため本人がやる気さえ起こせば、効果的に学習をすることができるものとなっています。
それでも、育児と学業を両立するのは非常に難しいものとなっているのが実態です。そのためには、様々なポイントを確実に意識する必要があり、その中でも最も重要な事は、子育てが優先であると明確に決めてしまうことです。

子育ての合間に空いた時間を有効に活用


このようにすることで、自分の学業が進まないことが子供のせいであると言う考え方をなくすことができます。育児は非常に大変なものであり、また自分の時間を自由にコントロールすることができないものです。そのため、これをなんとかしようとは考えないようにすることが重要となります。それよりも子育ての合間に空いた時間を有効に活用しているのだと言う考え方に立てば、スムーズに勉強をすることができます。

オンライン資格講座 スタディング


一般的に学業では自分自身の目標を決めて、それをいつまでにやると言う進め方が一般的となっていますが、育児と両立させようとする場合には、この考え方は禁物です。学業で目標を立ててしまうと、これを進める上で育児が障害となってしまうためです。あくまでも育児が最優先であり、空いた時間を有効に活用するために勉強をしているのだと言う考え方を持つことが、長続きさせるコツとなっています。

長続きする方法を考えよう


多くの人は自分が学生の頃に一生懸命夜遅くまで勉強し、様々な物事を習得した経験を持っていることから、一生懸命頑張ればそれが身に付くのだと言う意識を持っていることが少なくありません。そのため子育てと両立をしようとする場合にも、子供を寝かしつけてから夜遅くまでがんばっていると言う人も多いものです。しかし。両立をするためにはこの方法では決して長続きしません。例えば資格を取得したいと考える場合、多くの人は自分自身でいつまでにと言う目標を立て、そのためにあらかじめその資格の試験の受験日などを決めてしまうことが多いものです。

そこで計画を立てて勉強を始めようとしますが、実際には子育てのために思うように進まないと言うことが多く、また受験日が近づいてくるので精神的にもイライラしてしまい、これが実際の子育てにも影響を及ぼすことになります。これでは両立どころではなく、両方ともダメにしてしまうと言う危険があるのです。さらにそのイライラが家族にも伝わるため、家庭の雰囲気も悪くなってしまい子供の感情にも悪影響を及ぼしてしまうことが少なくありません。


学業と育児を両立するためには、その優先順位を明確にすることが大切です。そしてあくまでも優先順位が高いのは子育てや日々の生活であり、自分の勉強は二の次であると考えるべきです。そうすることで勉強をして知識を増やす事が非常に楽しくなり、また子育てにも余裕が生まれるものとなります。その結果余裕を持って、資格を取得することができると言うメリットも生まれることになるのです。

おわりに

以上が、育児と学業の両立の方法のご紹介でした。忙しい中で複数のことを続けるのは大変なことですが、将来の家族や自分のために、できる限り頑張っていきたいですね!他の方の勉強方法や体験談記事は以下にまとめられているので、興味が湧いた方は是非ご覧くださいね!

カテゴリー: 育児中の学習

スタディングであれば、中小企業診断士、司法書士、税理士、社会保険労務士、ITパスポート、基本情報技術者、FP、ビジネス実務法務検定、日商簿記、登録販売者など全30講座スマホを利用したスキマ時間での勉強ができますので、育児や仕事で忙しいパパやママにぴったりです!簡単な登録で無料でお試しできますので、気になった方は以下のバナーからご覧ください

学び






               

By パパママキャリア編集局

外部の匿名ライターの方の記事や、当社運営他サイトからの移転記事を掲載しております Twitter Instagram