パパママキャリア編集局です。本記事は、2016年ごろに当社運営他サイトに掲載されていた記事を移転したものになります。

私の本職は看護師として地元の内科のクリニックで勤務をしています。

週に5日だけでしっかりと定時を守って働くことができるのがこのクリニックで働くメリットであり、残業があるということもなければ特別に勤務日が増えてしまうことも今までに一度もあったことがありません。

看護師として働くのが小さい頃の夢だったこともあって、身近な人たちの役に立てる仕事ができるということに生きがいを感じています。

病院よりもクリニックの方が患者様との距離が近いので自分の性に合っているということもあり、今のクリニック勤務を本業とするのはとても楽しくやりがいをもてる選択として喜んでいます。

しかし、もっと看護師として働きたいという気持ちにも駆られてしまい、今のクリニックの仕事にも慣れて生活リズムも整ってきた3年前から、一週間の残りの2日もアルバイトをして働くようにしています。
看護師として働きたいという気持ちが強いとはいえ、毎週7日を勤務日にしてしまうのははばかられる面もあります。

やはりそれなりに神経も体力も使う仕事なので、収入が上がっても体力がついていかなくなってしまうのが心配だからです。

そのため、基本的には副業として行っているのは単発の仕事であり、主にやっているのが健康診断です。

派遣会社に登録しているので、健康診断の仕事のような単発の仕事だけを紹介してもらえるように相談をしてあり、不要な情報は無駄にやってこないようにして効率化を図っています。

そうしておくと、連絡が来てからやりたいかやりたくないかを判断して申し込むと数日前でも仕事に入れるというのが典型的であり、半日から丸一日の単発の仕事として健康診断に携わることができます。

仕事内容はほとんどが採血なのでとても簡単であり、ちょっとした会話をしながらお疲れ様でしたと言うのをずっと繰り返していれば仕事としては終わってしまいます。

ときどき、老人ホームなどを巡回して健康診断をする仕事もあって、地元の高齢者の方々とのコミュニケーションがとれるのも私にとってはとても楽しめるものとなっています。
実際にどのくらいの収入になっているかというと、月に働けるのがせいぜい8日程度なので、フルに働いたときで10万円程度というのが得られている収入です。

副業として年収を増やしたいという気持ちでも十分な収入ではないかと思っていますが、それに加えて、こういったスタイルで働いているとフレキシブルに仕事を入れられるというメリットもあるのが魅力的です。

疲れているときには仕事を入れないこともできますし、半日の健康診断に限定して入れることもできるからです。

年中を通して健康診断は行われているため、仕事がないということもあまりありません。

特に3月から11月位までは丸一日の仕事が平日ならいつでもあるという感じで特に支障を感じることはないのです。

クリニック勤務をしていると、最近は土日にサービスをするというのが普通になってきていて、私の勤務しているところでも土日は勤務日で、月曜日と木曜日が私の休みの日となっています。

そのため、求人が豊富な平日に働くことができるというのも、こういった副業の仕方を有利にする点になっているのは間違いありません。
また、派遣看護師となっているので、単発の仕事なら気が向いたら他のものもできるというのもメリットです。

たまに受けるのがツアーナースとイベントナースです。

気晴らしに旅行に行きたいと思うこともありますが、ツアーナースとして行くと旅行気分を味わいながらそれで意外に大きな給料をもらうことができます。

日給で1万円は一般的な最低ラインであり、日帰りバスツアーに同行するというケースだとほとんどトラブルも起こらないでついていくだけで良いというメリットがあります。

また、お気に入りのスポーツチームのイベントがあると、そのイベントを見に行くためにイベントナースで働こうといつも応募しています。

あまり当選確率は高くないですが、やはり日給で1万円くらいで働ける上に、スポーツイベントだとフィールドに近いところに席があるので特等席で観戦できるということがよくあります。

たまにフィールドが見えないところになっていて残念な思いをしてしまうこともありますが、大抵はモニターで状況を見ることができるのでそれほど大きな失敗にはなりません。

こういったちょっとした息抜きも仕事にしてしまうことができるのが派遣看護師になっておくことのメリットになります。

健康診断よりは少し日給が少なめになってしまうことが多いものの、実質的な収入には影響がほとんどでませんし、むしろストレスが発散されて本業に力が入るようになるので効果的な副業の一つとしてよく行っています。

こういった形で看護師としてより働きたいという気持ちから、本業とは少し違う内容で副業をして着実に年収もアップしています。

看護師は需要が高いから副業がしやすいのがメリットです。






               

By パパママキャリア編集局

外部の匿名ライターの方の記事や、当社運営他サイトからの移転記事を掲載しております Twitter Instagram