パパママキャリア編集局です。こちらの記事は、外部のライターさんに執筆していただいた、ワーキングママと資格についての記事となります

子供が小さいうちはなかなか目を離すことができず、集中して仕事をすることができなかった人でも、子供が学校に通うようになるとある程度まとまった時間を得ることができるようになります。

しかし一般的な会社では子育てなどの長年のブランクがあると、なかなか採用してくれるところは少ないのも実態です。

そのようなときには、様々な資格を持っていると優先的に採用をしてもらうことができるばかりでなく、またその資格を生かして自分なりに働くことができるので非常に良いものとなっています。


このような時間的にある程度余裕ができたワーキングママにとっては、様々な資格を取得して働くことが非常に良い方法となります。

これを持つことで自分にしかできない様々な仕事をすることができるほか、このような資格を持っている人を雇用したいと考えているところは数多く存在しているので、就職できるチャンスにも恵まれることになるのです。


その中でも最近話題のものには、医療事務や登録販売者、及び保育士等があります。

医療事務

医療事務は病院などで医療費の計算を行ったり、健康保険による診療報酬の申請などを行う重要な業務であり、実際にはその資格を持っている人しか行うことができません。

特に診療報酬の請求は保険診療の多い病院などにとっては重要な業務であり、常にその人材が枯渇しているのが実態です。そのためこれを持っていると、様々なところで活躍できるチャンスがあります。

登録販売者

登録販売者は比較的最近重要視されているものであり、薬事法改正により医薬品を一般の人が販売することができなくなったことから、特にドラッグストアなどでは枯渇している人材となります。

医薬品に関する基礎的な知識を持ち、さらにこれを販売することができるものであることから、非常に重宝されるものとなっているのが特徴です。

保育士


保育士は自分の子育ての経験を生かすことができるため、ワーキングママにとっては最適なものとなっています。

いろいろなタイプの子供と接することができることで、自分自身の様々な経験を積むことができるため、実際には自分自身が勉強することができる機会が多いのもメリットとなります。

現在では保育士が足りない状況が続いていることから、就職のチャンスが非常に大きいのも特徴です。

就職のチャンスにつなげる


これらは現代社会では非常に重要視されるものとなっており、さらに人材が不足していることから就職のチャンスが非常に大きなものとなっています。

そのため、持っていると何かと役立つものであるばかりではなく、逆に自分自身のスキルを高める上でも非常に有効なものとなるため、効果的に利用できるのが特徴です。

ワーキングママのポテンシャル


結婚前や出産前などに様々な活躍をしていた人にとっては、さらにそのビジネス経験を生かした仕事をしたいと言う人も少なくありません。

そのような場合にはフィナンシャルプランナーなどがおすすめです。子供が成長すると教育費やその他の面で何かとお金がかかるものであり、これらを効果的にやりくりすることが大切です。

フィナンシャルプランナーは様々なお金の使い方を計画的に行うことができる知識を持ち、またこれを他人にアドバイスすることができる能力となっているため、自らの生活を豊かにすることができるとともに効果的に働くこともできるものとなっているのが特徴です。


ワーキングママはその能力を十分に生かしきれていないと言う人が多く、最近では国を挙げてこのような人材を積極的に活用しようとする動きも強まっています。

しかし単純に働くだけでは、なかなか効率的にお金を得ることができません。

ワーキングママならではの自分の子育ての経験を活かしたり、またこれまで働いてきた経験を生かして自分に合った資格を取得することが、効率的に働くことができる秘訣となります。

スタディングであれば、中小企業診断士、司法書士、税理士、社会保険労務士、ITパスポート、基本情報技術者、FP、ビジネス実務法務検定、日商簿記、登録販売者など全30講座スマホを利用したスキマ時間での勉強ができますので、育児や仕事で忙しいパパやママにぴったりです!簡単な登録で無料でお試しできますので、気になった方は以下のバナーからご覧ください

学び






               

By パパママキャリア編集局

外部の匿名ライターの方の記事や、当社運営他サイトからの移転記事を掲載しております Twitter Instagram