ITパスポートは現在知っておきたい基本情報に加えて、新しい技術である人工知能やビッグデーターやIoTなどの知識を網羅しておく必要があります。

過去問題には傾向と対策がありますので、まずは何度もテキストを読み込んで情報をインプットして内容的な理解を深めてゆくことがおすすめです。

人工知能AIに関するならばテキストだけではなく、動画サイトや新聞などにも関連情報があり記事になっていたり特集化しているので、普段からチェックしておけばイメージはつかみやすくなっております。

一見試験対策には見えませんが、日進月歩するT業界では常に情報は後進する気持ちでチェックしておかなければなりません。


ビッグデーターに関しても企業間の活用方法だけではなく、日本を越えて世界中で運用がされております。ITパスポートの勉強ではこうしたバックボーンを把握することで解答力が上がりますので、一般的な情報でも迷わずに収集するつもりで毎日を過ごしてゆくのです。

人工知能やデーターの活用に関しての知見をチェックしたら、IoTに関しても自然と理解力が深まっていることを実感します。

IoTとは物のインターネット化と呼ばれており、家電などをインターネットと接続することで遠隔操作やデーターの収集だけではなく、前述した人工知能プログラムと一緒に活用して制御が可能になるのです。こうした家電は廉価な物ならばインターネット通販でも販売しておりますので、実際に使ってみた方がイメージが付きやすくなります。

勉強方法の1つとしてチェックだけではなく、簡単なIoT機器を購入して使ってみることも勉強になるのです。


他には知識を活用したマーケティング技術、検索エンジンの仕組みや検索エンジンの最適化などに関しての出題範囲もあります。

こうした知識を持っていることで企業でのインターネット人材の活用の幅が広がり、経営戦略や商品開発やマーケティングに役立つのです。

またITのセキュリティやネットワークの構築、ルーターやSIMなどの仕組みに関しても広く浅く知っておくことをおすすめします。


ITパスポートの勉強は全く知識がなくインターネットやWEB業界が未経験の場合には、テキストの読み込みや模擬試験を通じて合格基準に近付く方法が最もオーソドックスです。

目安としては約100時間程度の独学で基準値に達成するので、早い人は1か月程度の勉強期間があれば十分に合格を狙えます。

実際に実務経験があるならば予備知識がある状態で、約30時間程度の勉強をすれば合格率が高くなるのです。仕事中で時間が取れなかったしても1日1時間程度の勉強で、約1か月程度の期間を設ければ合格圏内まで点数を上昇させることが出来ます。

未経験の場合には100時間の勉強が必要なので、1日8時間でも12日程度の集中的な勉強が必要なので、テスト期間の逆算したスケジュールを組んで効率的に学習しなくてはいけません。


こうしたIT系の資格でおすすめの勉強方法はテキストで予備知識を吸収して、スマートフォンアプリで模擬試験を繰り返すことです。

試験傾向も合格のためのアドバイスや苦手な設問などをデーター化してくれるので、平均点を上昇させるために弱点の克服にとても役立ちます。

スマートフォンがあれば通勤通学時にも勉強が出来るので、日頃からレベルアップが可能なのです。


書店に行けば数年分の過去問題を傾向と対策にしている書籍があるので、購入して試験前に繰り返し解いておくことも有効になります。

とにかく模擬試験を繰り返すことでペース配分と正解率を上昇させて、その年度の足切り基準をクリアすればいいのです。

そして勉強をした内容をベースにして、さらに吸収しながら職務に取り組めばインターネットマーケティングに精通することが出来るようになります。

当サイトの提供する、「ITパスポート過去問一問一答」なら、令和4年度のITパスポートの過去問を1問ずつ解いていくことができます。テキストでの学習ではなく動画学習も取り入れてみたい方は是非ご覧ください!






               

By パパママキャリア編集局

外部の匿名ライターの方の記事や、当社運営他サイトからの移転記事を掲載しております Twitter Instagram